【電子錠・防犯カメラ専門店】家庭用・オフィス用の電子錠・防犯カメラの事ならe-鍵屋へ!

e-kagiya防犯・セキュリティのe-鍵屋

受付時間 9:30〜17:30(土日祝・年末年始・GW除く)

045-682-7772

メール・お問い合わせ

コンビニ経営する際の防犯対策のポイント

コンビニ経営する際の防犯対策のポイント

コンビニのようなお店の犯罪と言えば、万引きのように外部の人によるものが挙げられますが、従業員によるレジにあるお金の抜き取りや、商品の横流しのように内部の人による犯罪も横行しています。さらに、コンビニを狙った強盗事件も多発しており、コンビニを経営する際は、さまざまな犯罪に対する防犯対策が必須と言えます。

今回は、コンビニで起こる犯罪の種類や、コンビニを経営する際の防犯対策のポイントなどを紹介しましょう。

コンビニで起こりうる犯罪とは?

コンビニ内で起こる犯罪の種類はさまざまです。万引きやいたずら、強盗による外部犯行以外に、従業員による不正も発生しています。

コンビニで起こる犯罪は、以下のようなものがあります。強盗や万引きはスタッフや客足が少なくなる深夜に発生することが多く、従業員による不正は管理者や店長が不在のときに発生しやすくなります。

  • 店内の商品を盗む万引き
  • 事務所への侵入
  • 金品や商品を強引に奪う強盗
  • 因縁やトラブルによる暴行や傷害
  • 商品の破壊やいたずら、異物混入などの嫌がらせ
  • 従業員によるレジにあるお金の抜き取り
  • 従業員による商品の持ち帰り、自己消費
  • 従業員によるレジの不正処理

犯罪とまではいかないにしても、そのほかよくあるトラブルとしては「商品に対するクレーム」、「酒やタバコの販売に関する年齢確認トラブル」、「客と店員による喧嘩や口論」などがあります。

コンビニの防犯対策のポイント

コンビニを経営する上で意識できる防犯対策は、まず外部犯に対する対策として、深夜帯はスタッフを1人にしないことです。多くの強盗事件では、スタッフが1人の際に発生していることが多く、2人以上いる場合は犯罪の抑止効果が高まると言われています。たとえ1人が休憩中であっても、来店されたら「いらっしゃいませ」の声だけでもかけておけば、相手に複数人スタッフがいるということをアピールできるでしょう。

また、万が一事件が起こった際にどのように対処すれば良いかどうか、防犯訓練を定期的に行うことも重要と言えます。レジのお金よりも、まずは従業員の身の安全が第一ですから、いざというときにしっかり自分の身を守る心構えをスタッフに持たせるようにしてください。さらに、必要以上の現金をレジに置かないようにするのも効果的と言えます。強盗の中には、レジのお金を渡せばそのまま逃げ去っていくケースもあるので、被害額を少なくするためにもお金は定期的に金庫に入れるようにしましょう。

コンビニに防犯カメラを設置する効果

コンビニの防犯対策に大きな効果のある方法の1つとして「防犯カメラの設置」があります。防犯カメラは、万引きを防ぐ抑止効果も発揮できますし、強盗のように重大な事件が発生した際も犯人特定の重要な手がかりになります。また、従業員の不正を監視する目的もあり、防犯カメラは多くの犯罪に対して威力を発揮するでしょう。

設置する場所については、さまざまな場所を監視できるように複数設置する必要があります。例えば、出入り口や駐車場では不審人物の人相や着衣、乗ってきた車などを特定する際に役立ちます。通路や商品棚では、万引きやいたずらを行う瞬間を記録する上で役立ちます。防犯カメラに死角があると、そこへ商品を持って行ってカバンに入れるケースも考えられるので、カメラを複数設置し、あらゆる方向や角度から撮影できるようにすることが大切です。

また、レジ前にも専用のカメラを設置し、お金の受け渡しやレジの操作が分かるようにしておきましょう。このように、コンビニ全体に防犯カメラを設置することで、外部からも内部からも犯行をしにくい状況が作れます。

e-鍵屋では、コンビニ向けの防犯カメラとして「VB-S900F」、「VB-S905F」をおすすめしています。「VB-S900F」は、水平画角96°という広角域をカバーできるネットワークカメラで、コンビニ店内や通路の監視に役立ちます。
VB-S905F」は、手のひらサイズという小型のネットワークカメラで、店内に溶け込み景観を損ねないことから、コンビニのレジ上などに設置されるケースがあります。さらに低照度性能も優れており、やや暗い場所において威力を発揮することができます。

コンビニは、夜間営業をしていることもあり犯罪者に狙われやすいため、防犯カメラの設置のような犯罪対策は必須です。死角をなくし、万全の態勢でコンビニ経営を行ってください。