家庭用防犯カメラを設置しよう! 選び方や設置のポイントについて

家庭用防犯カメラを設置しよう! 選び方や設置のポイントについて

連日のように流される凶悪な事件の報道を見て、防犯カメラを設置するご家庭が増えてきました。「防犯カメラ」と言えば、企業やマンションなどで使用されているイメージが強いですが、低価格化や最低限の機能を抑えた家庭用防犯カメラもどんどん登場しています。
しかし「取り付けたいけれど、値段も高そうだし設置の仕方も難しくて、敷居が高そう……」と感じている方も多いかもしれません。

そこで今回は、最近の家庭用防犯カメラ事情を中心に、防犯カメラの選び方や設置方法について紹介します。

家庭用防犯カメラを設置する目的

防犯カメラを設置する目的として、多くの方は「犯行現場や犯人を撮影するため」と思っているのではないでしょうか。確かに犯人を撮影することは大切なことですが、最も重要なことは「犯罪の抑止効果を高める」ことだと言えます。要は、犯罪が未遂に終わってしまえば被害を受けることはないので、いかにして空き巣にあきらめてもらうかがカギになるのです。

さらに空き巣だけではなく、嫌がらせやいたずらをする人、不審人物を監視する役割も持っています。ほかには室内に設置して、子供や年配の方の見守り用として使用するケースもあります。犯人を記録に残そうと思って設置するだけではなく、犯人を近付けないようにするために防犯カメラを導入する意識も持ちましょう。

家庭用防犯カメラの選び方

それでは、家庭用防犯カメラを選ぶ基準を見ていきましょう。

本体のタイプ

家庭用の防犯カメラは、「単体のカメラ」と「ネットワークカメラ」の大きく2つに分類されます。単体のカメラとは、そのカメラだけで撮影から録画まで可能なタイプです。電池で稼動するものもあり、その場合は電源不要でどこでも設置できるといったメリットがあります。

ネットワークカメラは、カメラと録画機をネットワークで接続して撮影する防犯カメラです。「高画質」、「長時間」、「複数設置可」などさまざまなメリットがあり、無線でデータを飛ばすタイプもあります。

取り付ける場所

暗い場所に取り付けるのであれば、暗視機能が付いているものを選ばなければ夜間撮影ができないことがあります。また、雨風の当たる場所なら屋外用のカメラを選ぶ必要がありますし、広い範囲を映したいのであれば、広角撮影が得意なカメラを選ぶことも大切です。取り付ける場所の環境やニーズを確認してみましょう。

機能性

例えば、「動体検知機能」が付いていると、玄関やガレージに人が来たときだけ録画するような設定にできます。もちろん画質も重要で、細かい動きや犯人の顔の特徴を捉えたいのであれば、HD画質で録画できるものを選ぶと良いでしょう。

防犯カメラの設置場所について

空き巣を防止する目的であれば、侵入されやすい玄関や窓が映るように設置します。手の届くような低い場所に取り付けると、いたずらや目隠しをされてしまう恐れがあるので、簡単には手が届かない場所に取り付けるようにしてください。また、太陽光が当たる場所では、時間帯により逆光で見にくくなるケースも考えられるので、できれば直射日光がレンズに入らないような場所への設置が理想です。

防犯カメラを目立たせるということも大切なので、目につきやすい場所に設置するのも忘れないようにしましょう。車上荒らしやいたずらなどの場合は、対象物にカメラを向けるようにし、センサーライトなどを併用すると効果が高いと言えます。

e-鍵屋では、家庭用の防犯カメラとして「NAC200」と「VB-S900」をおすすめしております。「NAC200」は、電源不要の屋外型モーション起動カメラで、最長設定の場合は電池2本で約14カ月も連続稼働させられます。さらに、コマ撮りモードやモーション起動モード、ハイブリッドモードなど、必要に応じて3つの撮影モードから選べます。何といっても設置工事が不要で、すぐに導入できるのが魅力でしょう。

VB-S900」は、高画質な本格ネットワーク防犯カメラで、小型ながら水平画角が96°と広角撮影が可能。また、最高水準の暗視カメラ機能を搭載しているため、夜間監視にとても強いのが特徴です。さらにシーンに応じた画質補正をはじめ、業務用に負けない機能を備えています。

上記の内容を参考にして防犯カメラの検討をしながら、ぜひ安心できる住まい作りをしてみてください。

Flowchart フローチャートから探す